七五三とは?

七五三の由来

 

七五三(しちごさん)とは、3歳、5歳、7歳の子どもの成長を祝う年中行事のひとつです。

  • 3歳の男子、女子
  • 5歳の男子
  • 7歳の女子

が七五三の日=11月15日にお参りをし、子どもの成長を祝います。

DSC_9457

昔は飢餓や病気等で乳幼児の死亡率が高かったので、子どもは男子は5歳、女子は7歳になって初めて社会の一員として認められました。

3歳、5歳、7歳を節目として、子どもが無事成長したことを祝い、今後の健やかな成長を祈念する目的で、神社や氏神様にお参りする行事が「七五三」です。

七五三という言葉は、明治時代になってから使われるようになったようです。

 

七五三はいつ?

 

七五三は11月15日です。

なぜ11月15日に七五三のお祝いを行うようになったか?

その理由については諸説あるようです。

 徳川五代将軍綱吉が、11月の中旬に我が子に髪置の儀式を行おうとしたが、これと言った吉日がみつからな かった。側近の者が調べた結果、二十八宿という選日法で最もめでたい鬼宿日が15日であったので、この日 に髪置の儀式を行った。以来、髪置と袴着と帯解という子供の成長祝いは11月15日に行うと定めてしまった という説。 

 

 徳川三代将軍家光が、後の五代将軍綱吉(幼名徳松)の病弱であることを心配し、これの無事成長を祈るた めに、袴着の儀式を執り行ったのが11月15日。庶民もやがてこれにならって現在のように11月15日に歳祝い を行うようになった 
という説。この説も「鬼宿日」に行ったとされます。 
 
 古くから行われてきた、霜月祭(家業に関係深い神々を祭る日)によるものとの説。

鶴ヶ峰熊野神社ホームページより引用

 

平成28年度の七五三はいつ?

 

七五三の年齢は何歳?

 

七五三をお祝いする歳は、男子と女子とで異なります。

3歳 男女ともにお祝いします。

5歳 男子のお祝いをします。

7歳 女子のお祝いをします。

 

いずれも数え年でお祝いします(数え年3歳=満2歳になる年)が、満年齢でお祝いをすることもあります。

ほかの兄弟姉妹とタイミングを合わせたりということも可能です。

また、男子は5歳しか行わない地域もありますし、規模も様々です。

 

七五三は日本に受け継がれてきた伝統行事です。

厳格なルールがあるわけではありませんが、それぞれの家庭・地域に合わせてよく下調べをしてみてください。

子どもの成長を願い、しっかりとお祝いしたいですね!

 

女性カメラマンによる七五三ロケーション撮影はこちら

平成28年七五三はいつ?

平成28年七五三のお詣りピークはいつ?

 

平成28年度の

七五三の日は11月15日(火曜日・先勝)

です。

1DSC_8482

 

10月・11月の六曜カレンダーを見てみると、土日祝日と大安吉日が重なる日は少ないです。

また、近年は混雑を避けるため、神社へのお詣り日程をずらすご家族も多く、平成28年もお詣り、記念撮影、お食事会等の日程は分散されるのではないでしょうか。

 

そんな中、七五三の神社へのお詣りのピークになりそうなのが

11月13日(日曜日・大安)

11月19日(土曜日・大安)

です。

 

七五三の日、11月15日前後の土日祝日で大安吉日と重なる日です。

この日には神社へのお詣りが集中し、特に大きな神社などは大変混みあうでしょう。

お詣り予定の方は、早めの予約など、事前に十分な準備が必要となります。

 

神社だけでなく、七五三に関わるお店(美容院、写真館、着付け、着物レンタル、ホテルのレストラン等)も混み合いますので、注意が必要です。

 

 

その他のお詣りが混む日程

スクリーンショット 2016-08-23 16.49.53

これ以外で混む日は

  • 10月29日(土曜日・先勝)
  • 10月30日(日曜日・友引)
  • 11月3日(木曜日・祝日・先勝)
  • 11月5日(土曜日・先負)
  • 11月23日(水曜日・祝日・先負)

大安ではありませんが、土日祝日にお詣りをご希望のご家族様を中心に混雑が予想されます。

 

下記日程は、六曜は仏滅/赤口とお日柄は良くないですが、土日ということで混みあうでしょう。

  • 11月6日(日曜日・仏滅)
  • 11月12日(土曜日・仏滅)
  • 11月20日(日曜日・赤口)

 

七五三の撮影におすすめの日は?

ロケーション撮影的におすすめな日程は

 

大安がいい場合

  • 11月1日(火曜日・大安)
  • 11月7日(月曜日・大安)
  • 11月29日(火曜日・大安)
  • 12月5日(月曜日・大安)

 

大安ではなくても良い場合

12月の平日

(10月前半の選択肢もありますが、まだ暑いのでロケーション撮影は避けたほうが無難です)

 

あえて11月15日近くではなく、11月後半、12月に七五三のお詣り&撮影を行う方も増えています。

その理由はこちら↓をご参照ください。

12月に七五三の撮影をおすすめする理由

 

女性カメラマンによる出張ロケーション撮影のご予約はこちら

 

七五三という嬉しい記念日を、ご家族皆様で楽しく過ごすために、準備・ご予約は早い段階からスタートし、スケジュールを立てておきましょう!